地域力創造室長 世古 洋平

基本方針
 地域の高齢化が進む中、これからの地域を担う若者は減少しています。そのため、少子化対策や、都市部から地域への移住の促進などの活動を行政や他団体が行っています。今だからこそ、地域の様々な問題に対して目を向け、行政や他団体、地域の人々と協働することで、会員自身、さらには地域の人々が、今以上に津市に魅力を感じ、誇りを持って頂く必要があると考えます。
 そのためには、会員自身が、青年会議所の運動に自信を持ち、我々の運動の魅力を発信しなければなりません。そして、地域の魅力、価値と向き合い「地域の宝」を再認識します。また、知られていなかった魅力、価値に気づき、広く伝播することで、我々のブランド力を向上させることができ、地域力の向上にもつながります。さらに、地域で本当はどのような活動が我々に求められているのか、どのような問題がこの地域にあるのかを行政から学ぶことも必要です。今までにない視点で地域の問題を考え、我々の活動に活かすことで、今以上に、魅力ある運動を展開し、地域に必要とされる存在であり続けなければなりません。また、地域のリーダーであり続けるからこそ、新たな一歩を踏み出し挑戦することで、新たな可能性を追求します。
 青年会議所は、「明るい豊かな社会の実現」に向けた意識の変革を行っていかなければなりません。まず、会員自身が、地域に対する意識を変え、自ら歩みを進め、全員で地域の人々を巻き込み、運動を展開することで地域に魅力を感じ、誇りを持つことこそが、地域力の創造につながると確信し一年間邁進してまいります。

ブランディング委員会

委員長  鈴木 祐輔   委員 栗田 裕司
副委員長 奥田 翔悟   委員 高士 裕也
委員   川口 敏史   委員 宮田 佳典
ブランディング委員会 委員長 鈴木 祐輔
 公益社団法人津青年会議所は創立以来、先輩諸兄の進取の精神によって、沢山の魅力を創り上げてまいりました。その精神は、会員の手により継承されておりますが、時代とともに失われた魅力もあり、我々の運動が地域の人々にどのように認知されているかを再認識し、魅力ある運動を発信する必要があると考えます。
 そのためには、「地域の宝」を発信できる会員を増やすために、我々が地域から必要とされていることを知り、魅力ある運動を市民と共有することで、地域を愛する会員を創出します。そして、「津JCブランド」を向上させるために、地域から様々な情報を集め、協働できる仲間を増やし発信することで、その活動に魅力や価値を持たせます。また、45回目となる「とうかい号」は、不安のない充実した洋上研修を過ごして頂くために、一般乗船者との意思疎通を図り、全力でサポートをすることで、一般乗船者同士のつながりを深めます。最後の締めくくりとして、一年間の活動を振り返り、更なる当会議所の発展につなぎます。
 常に高いモチベーションを維持した我々の魅力ある運動が、津のまちを愛する市民を増やし、社会に認められるブランド力溢れる「津JC」を創出します。
第45回JC青年の船「とうかい号」一般乗船者サポート
7月度例会「巻き起こせ!津JCの存在価値!!」
事業報告会「架け橋」
対外広報誌『認知度UP』津JCブランディング

地域開発委員会

委員長  入江 健太   委員 松村 雄大
副委員長 山崎 敦史   委員 茂知野 公宏
委員   堀川 貴志   委員 横田 司
地域開発委員会 委員長 入江 健太 
 公益社団法人津青年会議所は、これまで長きにわたり、地域の未来を見据えた運動を展開してまいりました。地域のリーダーとして、自らが進んで行動を起こし、私たちの住まう地域の素晴らしさを、多くの方々に伝播し、誇りをもって頂く必要があります。
 そのためには、私たちの住まう地域のことを、心から大切に想えるようになって頂くために、行政と地域の課題を共有し、どのように連携することが出来るのかを考え、地域の問題に対してまちづくりの牽引者としての、意識を高めて頂きます。そして、まちをさらに活性化するために、地域の人々を巻き込み、住まうまちを誇らしく想える運動を展開し、一人ひとりが元気と活力に満ち溢れることで、まち全体が活気につつまれます。
 私たちが、地域のリーダーとして、意気溢れる人財へと成長し、地域の方々を巻き込み、活気に満ちた運動を展開することで、さらなるまちの昇華につながります。
4月度例会「学ぼう!地域の問題」
津まつり「まちに誇りを!~元気と活力~」
わんぱく相撲津場所運営支援(案)