2017_header

グローバルビジネス室長 澤 徳一郎

基本方針
 我々津青年会議所会員は、地域の発展を考え、実現をしていくために、我々の運動の輪を広げていくことが大切です。自らが成長した成果を、地域、会社、家庭へと還元をし、様々な人々から賛同を得ていかなければなりません。さらには、世界組織である青年会議所には世界へ広がるネットワークがあります。そのネットワークを積極的に活用し、会員にグローバルな視点を持ち、更なる可能性を考えていくことも必要だと考えます。
 そのためには、何事にも常に我々が地域の先頭に立ち、道を切り開いて行けるよう、積極的に学ぶことが大切です。会員一人ひとりが、地域を担うJAYCEEとして、他の模範となるよう、日ごろの行動から改めて考え、青年経済人としての基本的なマナーや、立ち振る舞いを学び、自らの成長につなげます。また、青年会議所の機会の一つに、国際の機会があり、様々な国の人々と関わる機会があります。
 さらに当会議所には、諸先輩方が長きにわたり友好関係を築き上げてきた、姉妹JCである、カ行國際青年商會との交流の機会もあります。その機会へ積極的に参加し、国外の様々な文化や価値観を知り、刺激を受けることで、新たな発想や想像力を生み、今まで以上に、視野を広げた当会議所運動へつなげます。
 青年会議所活動を、行うことができる環境であることに感謝をし、自らが一歩踏み出し、自己改革することで、地域へ還元します。さらには、我々が世界から学んで来たことを地域へ発信し、より一層たくさんの人たちの賛同を得て、今まで以上に地域に必要とされる団体となり、明るい豊かな社会の実現に向けて邁進していきます。

ビジネス委員会

委員長  岩脇 峰生   委員 垣外 智彦
副委員長 伊藤 正朗   委員 杉野 圭
委員   榮沢 吉紘   委員 中井 宏樹
ビジネス委員会 委員長 岩脇峰生
 青年会議所は青年経済人が集う場所であり、会員一人ひとりが青年経済人としての資質を向上し、積極的に行動することで、地域に求められる人財となることができると考えます。ビジネスの場においても、青年会議所活動においても、様々な場所で見られていることを常に意識し、行動することが必要です。
 そのためには、自分の考えや思いを的確に相手に伝えるスキルを身につけるために、コミュニケーションの取り方や立ち振る舞いを学び、理解することで自信をもって行動できる会員となります。そして、社員や地域社会から信頼される人財となるために、計画を立て、シミュレーションし、一つの目標を達成することで、目的に近づけていくことを学び、会員のビジネススキルを向上させます。また、感謝の気持ちを伝え、卒業生の新たな門出をお祝いします。
 我々は、学んだことを様々な場所で実行し、自身の魅力を高めていくことによって、青年会議所の魅力を高めることができると考えます。そして、社員や地域の方々から必要とされる人財となり、地域社会から必要とされる魅力的な青年会議所となります。
6月度例会 伝えたい思いを伝え、見せたい姿を見せよう。
~おもてなしの一歩先に~
10月度例会 夢実現計画
~あなたの夢を叶えましょう~
卒業式 「感謝」

国際推進委員会

委員長  森下 祐司     委員 堀之内 一穂
副委員長 伊藤 博政     委員 森本 晃圭
委員   市瀬 光貴     委員 吉村 貴之
委員   ダシルバ フラビオ     
国際推進委員会 委員長 森下 祐司
 昨今、日本ブランドとして世界で勝負することも容易な時代になりました。しかし、この先グローバル化が進 むことが推測され、より一層国際的な競争が激しくなります。我々JAYCEEが、今よりもグローバルな視野 を広げ、世界に挑戦する人財を増やす必要があります。
 そのためには、我々がグローバルな視野を持つために、積極的に国際の機会や文化を知り、身近に感じて頂き、今よりも世界との距離を縮めます。そして、世界に挑戦する人財を増やすために、世界とつながることの利点を 知って頂き、国際社会に進出する意欲を高めます。また、カ行國際青年商會との友好関係を深めるために、40 年の節目の年でもある本年に今以上に交流を行うことで、絆をより強固なものにします。さらに、国際の機会か ら自己成長につなげるために、JCIASPAC、JCI世界会議がどのような会議なのかを伝えることで、積 極的に参加する会員を増やします。
 世界から見た日本を知り、我々も世界から学び、国際的な視野を広げ、津市から世界に通用する人財を生み出 し、この先グローバル化が進む地域に対し進むべき方向性を示します。
3月度例会「縮めよう!世界との距離!」
9月度例会「学ぼう!世界とつながる利点!」
5月「2018 JCI ASPAC Kagoshima」
10月「2018 JCI WORLD CONGRESS GOA」
2018年度 深めようカ行との絆 ~50年に向けて~