2017_header

事務局長 西出 匠吾

基本方針
 津青年会議所は、本年で創立65年を迎えます。長きにわたり組織が存続し、常に地域発展の先頭に立ち、ここまで運動を展開して来ることができたのは、先輩諸兄の不断の努力の賜物であります。故に、これから先、その築き上げて頂いた伝統と信頼を引き継ぎ、運動を続けるには、会員一人ひとりがベクトルを合わせ、組織の運営を円滑に進める事が必要であると考えます。
 そのためには、組織力の強化、向上に努めます。各室、委員会との連携を密に図り、当会議所が一つのチームとなるよう組織の基軸として責務を全うします。そして、活発な議論ができる環境を整え、スムーズな会議体運営を行います。また、公益法人として公益性のある事業の確立、適正な財政管理、コンプライアンス意識を高める運営を行います。さらには、様々な運動・活動への参画を全会員に促し、我々の運動を地域の人々と共有するために情報発信を行います。そして、本年は、東海地区協議会事務局主管を担う年であり、出向者を多く輩出します。出向者支援にも力を注ぎ、出向先で学んだ経験を、LOMにフィードバックして頂き、津青年会議所の更なる飛躍につながるようサポートを行います。出向者支援とともに会員拡大運動もサポートを行います。一人でも多くの同志を増やし、人生の仲間となる『宝』を創ります。
 チームとなり運動を続けることで、この先70年、100年と組織が存続し、このまちに欠かせない団体となります。人と地域のつながりが未来へとつながり、青年会議所の創造すべき「明るい豊かな社会」であり、実現するために、プロボノの精神を抱き邁進してまいります。

総務・財務委員会

委員長    丸木 良幸    委員  倉世古 侑己
副委員長   西山 加津哉   委員  別所 恭介
委員会内理事 山口 幸久    委員  松吉 謙祐
委員     荒木田 聡    委員  宮崎 紗矢香
委員     池田 力弥
総務・財務委員会 委員長 丸木 良幸
 公益社団法人津青年会議所は、先輩諸兄の不断の努力の賜物により、長きにわたり運動を展開し地域の信頼を得てきました。また、公益社団法人格を有する団体として、地域に活力を与える運動を展開してまいりました。これからも地域のより良い発展のために全会員が更なる高みを目指し、進んで行くことが必要です。
 そのためには、全会員が積極的に運動をしていくために、渉外・広報委員会や各委員会との意思疎通を常に行い、連携を図ることで、組織運営を円滑にします。そして、より一層充実した会議につなげるために、事前準備、設営、運営を当委員会が正確に行うことで、重要な各種会議の効率性を向上します。さらに、適正な財務基盤を築くために、予算を遵守した会計管理を行い、公益社団法人格としての責務を果たします。
 当委員会の職責を全うし、当会議所の活動基盤を支え組織運営、事前準備を堅実に行うことで、これからも地域に活力を生み出す運動につながることを確信し邁進します。
仕事人事務局
2月度例会・総会
8月度例会・総会
12月度例会・総会

渉外・広報委員会

委員長  吉田 安寿   委員 橘 泰希
副委員長 成川 諒    委員 福島 有希
委員   伊藤 拓真   委員 前川 宏文
委員   倉田 清    委員 渡部 雄介
渉外・広報委員会 委員長 吉田安寿
 公益社団法人津青年会議所の会員は、先輩諸兄に築き上げて頂いた地域からの信頼を引継ぎ、積極的な活動を 行うことで、会の資質を向上させ、まちに対して今まで以上に貢献をしていかなければなりません。
 そのためには、成長の機会を掴んで頂くために、関係機関との迅 な調整、正確な案内を行い、多くの会員の 自己成長につなげます。そして、見聞を広げるために、多様な立場の方と対話できる姉妹JC交流会を開催し、 互いに切磋琢磨できる仲間となって頂きます。さらに、特別会員と現役会員との間で情報共有を図るために、広 報誌を発行し、特別会員と現役会員のかけ橋となります。また、事業を広く一般に伝えるために、Web上に事 業内容や委員会の想いを発信し、当会議所の認知度向上につなげます。
 個人の成長により、個の集合である団体も必ず成長します。団体としてステップアップすることで、これまで 以上の信頼が得られ、市民からも広く愛され、まちに対してより多くの貢献ができます。
いくぞ!京都会議2018~日本JCことはじめ~
東海フォーラム2018~一歩先へ!~
サマコン2018~JAYCEEの熱い夏~
三重ブロック大会2018~発見!ちいきのたから~
全国大会2018~育もう、ひなたのこころ~
姉妹JC交流2018~地域を超えた絆~
姉妹JC交流2018~強めよう!より良い絆~
いまを伝えるZマガジン