未来選択室長 佐野 誠

基本方針
 多くの先輩諸兄が津のまちの為に尽力され、その伝統と信頼を65年間揺らぐことなく受け継いできました。そして、本年で公益社団法人津青年会議所は創立65周年という節目を迎えます。さらに今後も、会員が自らの資質を向上させ地域社会を担うリーダーとなり、熱い情熱を持って地域に発信し続けなければなりません。
 そのためには、会員の資質向上をするために、積極性や協調性を養える環境を整え、多くの事業に参画することで向上させてまいります。より会員同志の信頼関係の構築や個々を成長させるために、様々な交流を経て、絆を深めていきます。そして、強固な組織を創造するために、共に汗を流し、切磋琢磨しながら活動することで、全会員一丸となり事業を展開していきます。また、会員一人ひとりが青年会議所会員として地域住民の規範となり、新たな発想や想像力を発信し、地域に住まう人々を巻き込み、より魅力あるまちにしていきます。当青年会議所のこれまでの65年の道を未来へとつなげていくためには、その歴史をつないで頂いたことへ感謝の気持ちを胸に、自ら率先し情熱を持って行動します。過去を知り、今を生き、未来への一歩を踏み出す場を提供することで、地域の活性化を促すとともに、その経験と知識を次世代へとつなぎ、当青年会議所の糧とすることが、先輩諸兄がつないできた歴史に恩を返すことであると考えます。
 会員一人ひとりにそれぞれの想いがあります。しかし、それぞれの想いの終着地点は皆同じであります。この記念すべき年に、当青年会議所はより強固な組織となり、これからも地域に必要とされ続ける団体であることが「明るい豊かな社会」の実現につながると信じ、邁進してまいります。

会員育成委員会

委員長  岡 裕貴     委員 久保 仁志
副委員長 長谷川 純一   委員 武田 和人
委員   小村 真吾    委員 藤岡 正吾
会員育成委員会委員長  岡 裕貴 
 まちをより良くするためには、地域を牽引するリーダーが求められます。公益社団法人津青年会議所は、自ら率先して行動できる会員を育成する団体として、会員一人ひとりが地域の一端を担うリーダーとしての気概を持ち、互いを高め続ける必要があります。
 そのためには、会員の積極性や協調性を養うために、本年度の方向性を認識し、共通する目標に向かって挑戦することで、団結力を高めます。そして、子供たちに夢と郷土愛をもって頂くために、歴史のある観音橋から笹を流すことで、まちに対する誇りを持って頂きます。さらに、このまちの環境に対する意識向上のために、地域の人々とともに積極的に清掃活動を行うことで、未来を考えられる人財を増やします。また、利他の精神を養うために、一人では乗り越えることのできない壁を共に乗り越えることで、他者を想いやることを第一に考える会員を育成します。
 失敗を恐れずに挑戦し続けることが自己成長へとつながり、仲間からも信頼され地域に必要とされる人財となることで、会員一人ひとりの意識が高まり当会議所の原動力になると確信しております。
1月度例会  
「スタートア ップ津」~新たな一歩~
「つ七夕笹流し
~まだ見ぬ未来に願いを込めて!~
「澄み渡れ!岩田川!!」
11月度例会
「仲間」~越えられない壁はない!~

65周年特別委員会

委員長  伊藤 重次   委員 坂 大輔
副委員長 野出 悟    委員 林 誠
委員   岡田 泰典   委員 藤岡 一平
委員   尾宮 涼   
65周年特別委員会 委員長 伊藤重次
 公益社団法人津青年会議所は、本年で65年の節目を迎えます。この長きにわたる歴史は先輩諸兄の不断の努 力と、地域の方々の協力の賜物であり、創始より変わらぬ目的である「明るい豊かな社会の実現」に向け、未来 へとバトンをつないでいく必要があります。
 そのためには、全会員が当会議所の一員として、誇りと当事者意識を持つために、当会議所の近年の歩みを振 り返り、進むべき道を共有して頂きます。そして、先達や各関係諸団体に、当会議所へのより一層の理解を深め て頂けるよう、平素のご協力に対して感謝の意を表し、当会議所の65年の歩みを伝えさせて頂きます。さらに、今後の運動展開へのより強固な礎を築けるよう、60周年VISIONの中間検証を発表し、次の70周年にバ トンをつなげます。
 若い発想力と実行力を持つ会員が、誇りと当事者意識を持ち一致団結し、活動そして運動を展開することで、 その姿勢は伝播し、当会議所の次なる節目と、地域の明るい未来へのゆるぎない力になると確信しております。
5月度例会「過去を知り 今を生き 未来への一歩を!!」
「65周年記念式典」~継体守文~