まちづくり室 室長 岩脇 峰生

【基本方針】

昨今では、新型コロナウイルスの影響で地域の経済が衰退し、まちの活気が失われつつあります。今だからこそ、地域の様々な問題に目を向け行政とともに津市が抱える課題に取組み、地域の人々を巻き込んだ運動が必要だと考えます。
そのためには、今の青年会議所に対して地域社会が求めることや地域が抱える問題を我々が把握しなければなりません。この地域がどのような問題を抱えているのかを行政から学び、地域の人々へと伝播していくことが大切です。我々と津市が協力して地域の課題に取組むことで相乗効果を発揮し、未来のまちづくりにつなげて行きます。そして、今の青年会議所に対して地域社会がどのようなことを求めているのかを考え、理解し時代の変化に対応して失われつつある活気を取戻します。先輩諸兄が紡いできた伝統を軽視することなく時代に即した運動を展開することで、多くの笑顔を創出しまちの活力を高めます。さらに、ジェンダーギャップの課題を学び、女性の活躍についての理解を深めることで「明るい」社会の実現に近付けます。また、外国人の労働環境や社会的に弱い立場の方の社会進出についての課題を学ぶことで誰も取り残さない「豊かな」社会を実現できるのではないかと考えます。我々会員が様々なことを学び見識を深め、津市民が総活躍することで地域が抱える問題を解決することにつながり、持続可能で魅力的なまちへと進化して行きます。
変化の激しい現代でも我々は成長し続けなければなりません。多くの知識を身に付け、柔軟な思考力を養い、まちの人々とともに学び、共に成長していくことが地域の求めるまちづくりにつながります。地域を活性化し、津市民28万総活躍社会の実現のために一年間邁進して参ります。

地域活性化委員会

委員長 杉田 勇仁 副委員長 小澤 有哉 運営幹事 伊藤 拓真
会計幹事 中田 耕平 委員 入江 健太 委員 岸本 大知
委員 久保 仁志 委員 三上 晋史 委員 宮本 弘之
委員 渡部 雄介

基本方針

津市は多くの魅力に恵まれた一方、歯止めのかからない少子高齢化、人口減少など様々な問題があります。次世代へとつながる活気や魅力に溢れ、住み続けたいまちを創るためにも、人々から求められる運動や活動を理解し、共感を得る事業を行う必要があります。
そのためには、まちの課題を見出すために、行政と連携して抱えている様々な問題を知り、住まう人々とまちの未来を考えることで、新たな発想でのまちづくりが可能となります。そして、我々とまちの人々とのつながりを深めるために、津のまちの魅力を協同で実感してもらう場を提供することで、まちの魅力が伝播し、我々の活動とまちづくりへの関心を高めます。さらに、次世代に想いを受け継いでいくために、これまでの多大な功績を讃えるとともに、卒業生に感謝と敬意を表し送り出すことで、新たな門出を迎えて頂きます。
まちの人々の想いを汲みとり共感を得る事業を行うことにより、地域の魅力を改めて理解でき、まちづくりへの参画意識が向上します。津青年会議所の想いと地域の想いがつながり、笑顔溢れる明るい豊かなまちへと発展し、これからも地域から必要とされる団体であり続けられるよう一年間邁進して参ります。

事業計画

1.事業名 6月度例会 Evolution ~輝くまちの未来へ~
事業目的 (対外)
まちの課題を知ることを目的とする。
(対内)
まちの課題を見出すことを目的とする。
2.事業名 津まつり TSUNAGU ~まちに笑顔を広げよう~
事業目的 (対外)
我々とまちの人々とのつながりを深め共感を得ることを目的とする。
(対内)
我々とまちの人々とのつながりを深めることを目的とする。
3.事業名 卒業式 旅立ちの時 ~新たな挑戦へ~
事業目的 次世代に想いを受け継いでいくことを目的とする。

総活躍社会確立委員会

委員長 金峰 知彦 副委員長 須川 豊 運営幹事 伊藤 正朗
会計幹事 中森 篤 委員 市瀬 光貴 委員 伊藤 博政
委員 岡村 健太 委員 日野 百菜 委員 山﨑 敦史

基本方針

少子高齢化が進み、一億総活躍と叫ばれる社会情勢のなか、ジェンダーギャップや外国につながる子供たちの労働問題など津市内においても様々な課題があげられており、全市民が平等且つ、公平な立場で社会に立つことのできるまちづくりを行うためには、市民と会員の知識向上と意識改革が必要です。
そのためには、総活躍社会の重要性を実感するために、市民と共に人口減少から成る地域の未来を再認識することで、社会的包摂に取り組む意欲を高めます。そして、女性活躍を推進する意識を高めるために、市民と共に女性が活躍しやすい環境と活躍の妨げとなっている課題を学ぶことで、既存環境を見つめ直します。さらに、外国につながる子供たちを活躍させる意識を高めるために、市民と共にキャリア教育の必要性を知ることで、外国につながる子供たちの地域での就職率を高めます。また、まちづくりに対する見識を広めるために、当会議所外のまちづくり計画を調査・研究することで、新たなまちの魅力を創り出せる人財となります。
地域から総活躍社会を確立させることで、持続可能なまちづくりを行うことができ、そのことが明るい豊かな社会に直結すると信じ、一年間邁進して参ります。

事業計画

1.事業名 4月度例会 「総活躍社会の重要性を実感しよう」
事業目的 (対外)
総活躍社会の重要性を実感して頂くことを目的とする。
(対内)
総活躍社会の重要性を実感することを目的とする。
2.事業名 9月度例会 「女性活躍を推進する意識を高めよう」
事業目的 (対外)
女性活躍を推進する意識を高めて頂くことを目的とする。
(対内)
女性活躍を推進する意識を高めることを目的とする。
3.事業名 11月度例会 「外国につながる子供たちの活躍を推進しよう」
事業目的 (対外)
キャリア教育の必要性を知って頂くことを目的とする。
(対内)
外国に繋がる子供たちを活躍させる意識を高めることを目的とする。
4.事業名 パートナーシップ 「まちと共にまちを創る」
事業目的 まちづくりに対する見識を広めることを目的とする。